避難を拒む高齢者たち

2018年7月上旬に発生した西日本豪雨で災害が少ない都道府県で有名な岡山県で大きな被害が起こりました。

岡山県のあちらこちらで大きな被害が出ていますが、死者が多かったのが岡山県倉敷市真備町でした。

岡山県倉敷市真備町の被害は堤防の決壊でした。

堤防が決壊してしまったために岡山県倉敷市真備町の半分が2階建ての一軒家の2階部分まで冠水してしまったのです。

続きを読む

西日本豪雨で被災された方々へ

2018年6月下旬から7月上旬にかけて西日本を中心に連日の豪雨によって大きなダメージを受けた西日本豪雨(気象庁では『平成30年7月豪雨』と命名)。

堤防が決壊し水害がヒドかった愛媛県、岡山県倉敷市や高梁市、土砂崩れによって被害が拡大した広島県など、被害の規模は大きくまだ分からない所や被害の状況がハッキリしていない所も少なくありません。

日々、自衛隊やボランティアの方々が猛暑の中で、1日も早い復興を目指して被災地で頑張っています。

被害に遭った方々のご冥福を心より申し上げるのと同時に、被災された方々の日常が1日も早く戻ることを切に願っています。

子供の育て方が将来の介護に還ってくる

しつけが悪い子供に対して「親の顔を見てみたい」という言葉を使うコトがあります。

子供の性格やしつけは、育った環境に大きく影響を受けると言われています。

子供が幼い頃にしつけが厳しかった家庭が多かったのではないでしょうか。

テストの結果が悪かったり成績表の結果があまり良くなかったり、また提出をしないといけない宿題を忘れてしまった時に罰として今日のおやつを取り上げたりしませんでしたか?

続きを読む

日本の働き方は変わるのだろうか?

日本では、働き方を変えようという動きが大きくなってきています。

働き方を変えようとする動きが増えて来たのは、ここ最近の話しです。

その背景には、過労死で若い世代の人間が亡くなり、遺族が以前勤めていた企業に対して裁判を行う様になってきたからです。

続きを読む

日本で子供の虐待が減らない理由とは

少子化が進んでいる日本で、子供に対する親からの暴力や言葉の暴力などの虐待は減るどころか増える一方にあります。

両親から虐待を受けている子供の年齢は幼いと2歳、3歳という誰にも救いを求めるコトができない年齢なのです。

子供への虐待の理由の多くは、母親の育児疲れ、再婚相手の愛情不足などが多いです。

続きを読む