子育て世帯向けの対策の中で教育費はどうするのか?

日本は少子高齢化が進んでいます。
出生率が下がり、ご長寿を含めた高齢者達が増える中子供たちが減ってきているのです。
将来を担う子供が少なくなると、ごく自然に高齢者を支えるべき若者も減ってしまいます。
介護を必要とする人達も、これからますます増えていく可能性もあるのです。
そこで提案されているのが、子育て世帯に向けられた政策内容なのです。
今回は子育て世帯の家庭がなすべき事は一体何なのかについてお伝えします。

続きを読む

大雨

避難を拒む高齢者たち

2018年7月上旬に発生した西日本豪雨で災害が少ない都道府県で有名な岡山県で大きな被害が起こりました。

岡山県のあちらこちらで大きな被害が出ていますが、死者が多かったのが岡山県倉敷市真備町でした。

岡山県倉敷市真備町の被害は堤防の決壊でした。この堤防が決壊してしまったために岡山県倉敷市真備町の半分が2階建ての一軒家の2階部分まで冠水してしまったのです。

続きを読む

子供の育て方が将来の介護に還ってくる

しつけが悪い子供に対して「親の顔を見てみたい」という言葉を使うコトがあります。子供の性格やしつけは、育った環境に大きく影響を受けると言われています。

子供が幼い頃にしつけが厳しかった家庭が多かったのではないでしょうか。

テストの結果が悪かったり成績表の結果があまり良くなかったり、また提出をしないといけない宿題を忘れてしまった時に罰として今日のおやつを取り上げたりしませんでしたか?

続きを読む

日本の働き方は変わるのだろうか?

日本では、働き方を変えようという動きが大きくなってきています。

働き方を変えようとする動きが増えて来たのは、ここ最近の話しです。

その背景には、過労死で若い世代の人間が亡くなり、遺族が以前勤めていた企業に対して裁判を行う様になってきたからです。

続きを読む

日本で子供の虐待が減らない理由とは

少子化が進んでいる日本で、子供に対する親からの暴力や言葉の暴力などの虐待は減るどころか増える一方にあります。

両親から虐待を受けている子供の年齢は幼いと2歳、3歳という誰にも救いを求めるコトができない年齢なのです。

子供への虐待の理由の多くは、母親の育児疲れ、再婚相手の愛情不足などが多いです。

続きを読む

イジメによる自殺は頼りがいがない大人が悪い

学校や部活動内でのイジメによる若者の自殺が後を絶ちません。

その背景の中には、イジメをしている側である加害者側の親にも責任があることが考えられます。

仮にあなたに子供がいた場合、あなたは自分の子供が自分の知らない所でクラスメートや他人をいじめていることが考えられますか?

続きを読む

親子仲が悪いと将来孤独になる

仕事の都合や仕事が多忙過ぎて、年末年始に帰省したくないというヒトもいますが、中には両親との仲が悪くて、実家を出てから実家に何十年も戻っていないというヒトもいます。

家庭の雰囲気が悪い、家族仲が悪い、というのは大人側に責任があります。

子供には、それを打破する力もなければお金もありません。

そのため、子供は被害者なのです。

続きを読む