冷静な目で就職活動をする学生たち

日本がバブル経済の頃、就職活動をしている学生にとっては企業よりも学生の方が有利でした。

企業側は人材欲しさに誰でもいいから採用しよう、応募数を増やすために新卒とは思えないほどの高待遇での採用をする企業がほとんどでした。

ところが、バブル経済がはじけた後は氷河期、超氷河期と呼ばれる就職が狭き門となる時代が続いてしまうのです。

バブル経済がはじけた後の日本は、不景気から抜け出すことが出来ずデフレスパイラルが永遠と続いてしまうのです。

そのため、大学を卒業しても就職先が見つからない、正社員で採用してくれる所がないといった事態に陥り、家庭的にゆとりがある学生は無理に就職活動を行わず大学院に進学し、家庭的にゆとりがなく大学を卒業しても就職先が見つからない学生は、派遣会社に登録し派遣社員として不安定な生活を送る様になりました。

正社員よりも派遣会社に依頼して多忙期の時だけ人材を確保する方が、年間を通じての企業の負担が少ないのです。

そのため正社員採用を大幅に減らした大手企業はたくさん存在しています。

ところが今になってそのしわ寄せが企業に押し寄せているのです。

それは、正社員ではなくアルバイトの人材を確保することができないために、お店を維持できないというのです。

特に飲食店ではアルバイトの人材不足が深刻なため、条件を良くしていますがそれでも人材が来ないのです。

そのため平日のランチメニューを廃止したり、夜の営業の時間を短くしたりしたりして少ない人材で少しでも店舗利益を上げようとしますが難しいです。

故に、今年の就職活動はバブル経済以降としては初の学生にとっての売り手市場なのです。

多くの企業が、正社員としての採用を求めていますが、学生にとっても自分が勤める企業の将来性を考えて慎重に行動をしています。

それはバブル経済で氷河期時代の事例を見ているからです。

そして大手企業だからリストラがない、倒産がない、という考えを持っていないからです。