信用できない日本の年金

日本の年金システムは海外からは評価が高いです。

しかし、日本国民からすれば年金の評価はとても低いです。

特に最近は、年金を払いたくないという働き世代が増加傾向にあります。

年金を払いたくないと言っても、会社員は給与から強制的に引き落としされてしまうので、払わざる負えません。

年金は退職後の生活を支えるための貯蓄みたいなものです。

2ヶ月ごとに国から決った金額が年として支払われるので、老後には欠かすことができないシステムでした。

ところが、今まで集めていた日本の年金が政治家の浪費によって枯渇寸前となったため、年金の支給額が毎年の様に減りつつあります。

さらに本来であれば60歳から支給となっていたのが、政治家の使い込みのツケとして65歳からの支給に今現在は変わっています。

そして65歳からの支給が将来には70歳か75歳に引き上げられようとしています。

決して高いとは言えない給与から強制的に引き落としをされて、65歳から支給と思っていたものが70歳に変わろうとしていて納得できるわけがありません。

更に年金というものが出来た時は、年金はいらないからと払っていなかった人も大勢いるのに、今は年金の支払いが絶対になっています。

そのため、無職や離職して職業を探している際中にも関わらず、年金を払ってくださいという催促が文面や電話でかかってきます。

お金がないから払えないのに、国から払え払えと一方的に言われて、払ったのはいいけど自分たちに返ってくるかは分からない、と言います。

高くない給与から自分たちの家計にゆとりがないのに年金を払っているのに、何歳からもらえて毎月いくらなのか分からないのが今の日本の年金です。

今現在年金をもらえる年齢は65歳ですが、当初の予定だった60歳から支給することもできますが、その場合は減額となっています。

そもそも60歳からの支給となっていたから、それで老後の人生設計をしていた人にとって65歳からの支給となって人生設計が狂ってしまった人も少なくありません。