日常的に見かける子供への虐待

親から子供に対する虐待を日常的に見かける様になりました。

しかし、日本では他人の子供に対しての虐待は見ていながらも見ていないフリをする日本人は非常に多いです。

アメリカでは、他人の子供でも虐待をしていたらスグに通報されます。

それどころか、自分の子供に対して悪いことをした時に叩いても虐待になるのです。

日本では悪いことをしたら親だけでなく、学校の先生や近所のおっちゃんにげんこつされるのが昔は当たり前でした。

アメリカでは、あり得ない光景なのです。

親だから叩いてしつけをしてもいいという考えはアメリカではNGなのです。

子供が警察に助けを求めるコトもできます。

その場合、日本の警察のようになあなあな対応をするのではなく、親でも逮捕したり場合によってはストーカーと同じ様に子供に何メートル近づくなっと裁判所がスグに出します。

そのため、アメリカでは日本よりも虐待に対する対応がとても早く、子供の保護もスグに行います。

子供が2人いて父親が兄に殴る蹴るなどの暴力行為を行っているけど弟には一切の暴力行為がなくても子供の保護となれば虐待されている兄だけでなく、暴力を一切受けていない弟も保護をします。

最近では、子供が自分のスマートフォンを使って親から暴力を受けている状態を隠し撮りして警察にその映像を持って助けを求める率がアメリカでは増えています。

日本では、学校でクラスメイトから受けているイジメの内容を録画し、動画サイロトにアップロードをしています。

親や両親に言っても助けてくれない、親が自分の子供をSOSサインを見逃しているなどから、子供が動画を撮り、インターネットにアップロードをして、イジメから救って欲しいSOSのサインをも読めるのです。

アメリカ人から見れば日本人の子育ては驚く様なコトがほとんです。