理想的な家庭環境とは?

結婚した後、自分たちで家庭を築き始めたら、どんな家庭を築きたいですか?

笑顔が絶えない家庭、夫婦喧嘩をしてもスグに仲直りができる家庭、共働きでもお互いに支え合って家事も率先して手伝ってくれる家庭、ペットと一緒に過ごせる家庭など、どんな家庭を築きたいかはその人のライフスタイルによって違ってきます。

片方が働きに出て、もう1人が外で働かず家庭に入るのであれば、それぞれの役割分担ができます。

外に出て仕事をしてきても、家庭にずっと入っていれば家事などの負担は多少減らしてもらえます。

しかし、1人の収入で家庭を維持しないといけないので、家庭を預かる側からすれば上手に節約をして将来に備えて貯金をしなくてはいけないので、お互いに我慢と言うものが出てきます。

住宅ローンなどの大きな支出があれば、家計のお財布はより堅くなってしまします。

共働きではないと、お金の面ではお互いに我慢をしなくてはいけません。

そのため、お金の使い方でケンカが絶えないと言う家庭も多いです。

共働きの場合、お金には多少ゆとりができますが、家事の分担をしなくてはいけません。

給与が多い人が仕事を頑張っているから、家事をしなくて良いというわけではありません。

給与の多い少ないに関係なく外に出て働くということは、疲れることなのです。

家事には終わりがなく、毎日同じ様なことの繰り返し作業です。

そのため家事を面倒に感じやすくなってしまいます。

それは、誰も家事のコトを評価してくれないからです。

家事は仕事と違って効率良くしても、家事で大きな仕事がゲットできるわけではありません。

しかし家事は負担としては大きな方です。

仕事で疲れている時に家事をしたくない、雑になってしまうことは仕方がないのかもしれませんが、家事も大事なことではあります。