将来、貧乏になるかもしれない日本

日本の将来は貧乏になると言われています。

その大きな理由は、これからの日本を支えて行かなくてはいけない若い人たちが裕福な生活ではなく貧乏な生活になると予想されているからです。

若い世代が貧乏になると言われている根拠は、正社員として働いている人材が少ないからです。

また正社員として働いている人材の給与が少ない上、税金が上がって行く一方だからです。

正社員として安定した仕事に就きたい、家庭を築いて子供を1人でも育てて生活できる分の給与が欲しい、と思っている若い世代はたくさんいます。

しかし、今の日本社会では難しい経済状況です。

正社員として働いていても会社が起こした不祥事や海外生産に委託していたことで起きてしまったトラブルによって赤字経営となってしまったために予期せぬリストラ。

海外企業に買収されてしまったために工場閉鎖。

色々な理由が原因で職を失っている若者が増えています。

しかも、その大半は自分が起こしてしまったトラブルやミスが原因ではなくコスト削減のために企業が選んだコトでのトラブルが原因です。

社長や取締役など上の立場にいる人間を解雇せず減給といった甘い処分にしたために、下で一生懸命働いている従業員を減らして、減った分は給与が安く済む派遣社員で人材を増やせば良いという上の人間だけの救済処置をとるからです。

正社員とは異なり派遣社員は末端の人材となるため出世も見込めず役職手当もなければボーナスもありません。

不安定な生活をせざる負えないのに、税金だけが高く取られてしまうのです。

そのため、少ない給与で生活をやりくりしなくてはいけないので、貯蓄すらできません。

派遣社員には退職金はありませんが、正社員も年数が会社が定めた勤続年数がなければ退職金が出ません。

両親の遺産を当てにしても長生きすればする程、介護面でお金が必要となるので両親が亡くなった時には介護でお金を使いきっていたというケースも少なくありません。

今の若い世代は将来に向けてお金を貯えるだけの、条件がありません。

貧乏になりたくてなる若者は誰もいません。

若者の未来にお金が投資できる日本社会に立て直す必要があるのではないでしょうか。