救急車の利用制度を作るべきか?

救急車という緊急車両のことをどう思っていますか?

正確には、救急車を利用している人がどんな人が利用しているイメージを持っていますかと聞いた方が正しいのかもしれません。

今、日本では救急車の利用制度を設けるべきか有料制にするか、様々な議論が飛び交っています。

その背景にあるのが、独り暮らしの老人が救急車をタクシー替わりに利用しているという点です。

本来、救急車は人命を救うための緊急車両です。

ケガや病気など、緊急なコトに対応して受け入れ先の病院も探してくれますが、かかりつけがある病院があればそちらを優先にして受け入れの交渉を行なってくれます。

これによって処置ができる病院に患者を搬送してくれるので、本来であれば命を落としていた病気でも一命を取り留めたという人も少なくありません。

ところが近年、タクシーやバス代が勿体ないから、自分1人では階段を下りるのが面倒だから、待合室で数時間も待ちたくないから、などという自分勝手な理由で119番に電話をして救急車を呼ぶお年寄りが増えています。

毎年、救急車の利用状況を表した数値が発表されますが、利用者もしくは119番通報してきた人のほとんどが緊急状態ではなく、本当に救急車が必要な緊急状態の人はほんの少ししかいませんでした。

また119番に通報して来た人の多くが、常連の人が多くなかには1日に何回もかけてくる様な人もいます。

こういった人たちが増えたコトで、本当に救急車を必要としている人の所に救急車が行くのが遅れてしまう、緊急搬送のためにサイレンを鳴らしているのにも関わらず自動車が道を譲ってくれない、などのトラブルも増えています。

特にトラブルの中でも後者の問題は深刻です。

道路を走っている自動車が緊急搬送時に道を譲ってくれないとなると、人命救助に大きな影響を与えてしまい後遺症が残ってしまったり、最悪死んでしまうこともあります。

救急車に道を譲ってくれないのは、救急車に乗っている患者がタクシー替わりで使っているからという思い込みがドライバーにもあるからです。

それだけ、救急車が置かれている状況と言うのは最悪なことを意味しているのです。