介護施設での職員の負担が増えている日本

介護現場は深刻な人材不足に悩んでいます。

日本は今、高齢者が毎年増えていく一方で、若い人が減って行く一方です。

しかも不景気のため、利益が出ている企業は限られており、中小企業は必死に新たな顧客獲得と資金繰りに努力を尽くしています。

待遇面や給与面などからいつボイコットが起きてもおかしくないのが介護施設です。

介護施設は、年々入居希望者が増えていく一方です。

しかし、高齢者が長生きするようになったことで、介護施設に空きができそうな感じはありません。

それどころか長生きすることで認知症を発症したり徘徊をする入居者が出て来たりして、介護施設で勤める職員の負担も増えています。

1人の職員の負担が増えすぎて、入居者全員に目が届かない、質の良いサービスを提供できないなどと言う理由から、経営が苦しい状態になっていても職員の募集を行います。

しかし介護の現場は、過酷でありながらも給与などの待遇面が良くないため新しい人材がなかなか確保できません。

さらに入居している入居者は1年毎に老いていくので、職員の負担は増えていく一方です。

そのため職員の多くは何らかのストレスや入居者とのトラブルを抱えていることも珍しくありません。

ストレスやテキパキ動いてくれない、職員の言うことを聞いてくれないという理由で入居者に手をあげてしまったり、嫌がらせをしてストレスを発散させていることもあります。

老いてる入居者の多くは、職員から嫌がらせをされたり暴力を振るわれても反論することもできず、別に暮らしている家族や親戚に助けを求めるコトができません。

ニュースなどで表沙汰になっている職員から入居者への暴力行為などは、氷山の一角でしかありませn。

この様なコトが起きないためにするのは、政府が率先して対応策を低s路して行く必要があるのではないでしょうか。