年金問題。今こそ見直すべきではないだろうか?

現在の日本社会は高齢化社会かつ少子化により、色々な打撃を受け始めている。

中でも問題視されているのが年金です。

高齢者は自分が働いていた時に約束されていた金額よりも減額されていて、年金を受給する年齢も60歳から65歳に変更されました。

60歳でもらえると思って働いてきたのに65歳に変更されてしまい、仕方なく65歳前より早い年齢で年金をもらうと65歳でもらえる金額よりも更に減額になってしまいます。

高齢者からすれば60歳からもらえると言っていたのに、何で私たちが年金を使いまくった政府の尻拭いをしなくてはいけないの?と不満に思うかもしれません。

それは若者も同じです。

会社の賃金は上がらなくて税金ばっかり上がって手取りの金額が減っているのに、年金を払わなかったら財産を差し押さえられるかもしれません。

年金を納めることは義務づけられていますが、今の高齢者の中には年金なんて欲しくないから働いていた頃に年金を納めていないという高齢者は大勢います。

そんな高齢者が若い頃に年金未納で差し押さえがなかったのに、年金のお金がないから若い人の場合は差し押さえしますね、なんて言われて納得できないと思ったことがありませんか?

しかも、年金の給付が今の高齢者と同じ65歳ではなく70歳、もしくは75歳からのスタートになるかもしれないと言われ出しました。

65歳からもらえますよっと言いながら年金を徴収しているのに、受給年齢がハッキリしないなんであり得ない話しではないでしょうか。

両親が財産をたくさん所持している子供なら両親の遺産を相続することで、年金受給年齢が遅くなっても生活することができますが、財産がない両親の子供はどうすれば良いのでしょうか。

給料が安くて生活もカツカツで貯金もできない様な生活をしていて贅沢もしていないという若者はたくさんいます。

しかも終身雇用制度が崩壊しているため、定年退職までそこに勤めているか分からないし、会社自体が存続しているかも分からない様な時代です。

そもそも、この年齢になったら払いますよと言っておきながら強制的に給与から天引きしていたのに、その年齢になったら給与が払われないのは詐欺ではないのでしょうか?

今一度、年金のシステムについて年齢に関係なく日本国民がしっかりと話し合う必要があるのではないでしょうか。