財産は誰のもの?

親が亡くなると、親が遺した遺産が出てきます。

借金などのマイナスの遺産であれば、遺産放棄を法的手続きでキチンと行なえば遺産を放棄したことになるので、マイナスの遺産を相続したことにはなりません。

しかし、親が遺した遺産がプラスの遺産で金額も高額になれが、相続できる人にとっては有り難い話しではあります。

しかし、その遺産相続が原因で仲が良かった兄妹仲、親子仲に亀裂が入ってしまうことも珍しくありません。

財産の相続分は、配偶者が半分、残り半分を子供が子供の人数で等分します。

仮に夫が200万円の財産を遺して亡くなった場合、妻が100万円を相続します。

子供が2人いた場合、遺り100万円を子供2人で等分するので、1人50万円の相続となります。

もしも、その子供の内1人が遺産放棄をしたら、もう1人の子供が100万円を相続します。

しかし、子供同士で等分をするとなった時に、少しでも自分の相続分を増やしたい気持ちから相続の金額で喧嘩に発展することも多いです。

その理由で多いのが、学生時代などに親が使った金額です。

1人が授業料の安い普通の高校に通い、もう1人が有能で授業料の高い私立高校に通った場合、子供の教育に使ったお金に大きな差額が生じます。

そのため、授業料が安い高校に通った子供が、授業料が高い高校に通った子供に対して、その分遺産の受け取り分を減らして欲しい、そうしないと平等とは言えないと主張を始めます。

さらには、故人の生前に子供に対して自動車の購入やマイホームの購入に対して援助をしていた場合、援助してもらった分は減らすからという人は多いです。

他にも、配偶者が子供に対して自分たちが築いた財産なんだから遺産放棄をして全額、妻である私にちょうだいというケースも年々増加傾向にあります。

高齢者が長く生きることで、医療費などが半端ではありません。

だから、少しでも金銭面で不安を感じたくないからという配偶者が多い様です。