振り回される人続出、マイナンバー

皆さんの手元にマイナンバーのペラペラの紙は届きましたか?

郵便局が配達するということもあり、運転免許証の様なプラスチックのカードが届くのかと思い気や、マイナンバーを記載しているペラペラの紙が届いて驚いた人も多いのではないでしょうか。

マイナンバーを受け取る日本人口の何%がマイナンバーのコトを100%理解しているのでしょうか?

受け取る人口の1%も満たないのではないでしょうか。

大手企業や社員がそこそこの人数がいる会社では、マイナンバー係を決めてマイナンバー担当者として毎日四苦八苦しながら勉強会にも出席して、あーでもないこーでもないと毎日追われています。

しかも、この12月と言う年末の時期。

ほとんどの企業が年末年始に向かってバタバタとしているのに、わけのわからないマイナンバーまでしなくてはいけない。

何とか年末の仕事納めまでには片付けておきたい問題と思っていたにも関わらず、マイナンバーを印刷している会社の遅れもあり、都道府県によっては年内には配達できないという所も出てきました。

そのため、会社の中にはマイナンバーが届いている人と届いていない人に分かれており、届いていない人は仕事納めまでに届くかも怪しい雲行き状態に。

マイナンバーが届いたら会社に申告しなくてはいけません。

そのため12月中に全受取人に届くと言われていただけに年末控除などの管理でマイナンバーを管理も同時にしようと思っていた人にとっては最悪状態です。

バラバラとするよりは、従業員全員が揃ってから管理した方がしやすいのは事実です。

もっと最悪なのは郵便局側です。

12月と言えばお歳暮シーズンで、配達する荷物も圧倒的に数が違っています。

日常の郵便物の配達、お歳暮の配達、マイナンバーの手渡し、郵便局側としてもバタバタ状態です。

マイナンバーで振り回されている人が続出です。