日本で子供の虐待が減らない理由とは

少子化が進んでいる日本で、子供に対する親からの暴力や言葉の暴力などの虐待は減るどころか増える一方にあります。

両親から虐待を受けている子供の年齢は幼いと2歳、3歳という誰にも救いを求めるコトができない年齢なのです。

子供への虐待の理由の多くは、母親の育児疲れ、再婚相手の愛情不足などが多いです。

続きを読む

イジメによる自殺は頼りがいがない大人が悪い

学校や部活動内でのイジメによる若者の自殺が後を絶ちません。

その背景の中には、イジメをしている側である加害者側の親にも責任があることが考えられます。

仮にあなたに子供がいた場合、あなたは自分の子供が自分の知らない所でクラスメートや他人をいじめていることが考えられますか?

続きを読む

親子仲が悪いと将来孤独になる

仕事の都合や仕事が多忙過ぎて、年末年始に帰省したくないというヒトもいますが、中には両親との仲が悪くて、実家を出てから実家に何十年も戻っていないというヒトもいます。

家庭の雰囲気が悪い、家族仲が悪い、というのは大人側に責任があります。

子供には、それを打破する力もなければお金もありません。

そのため、子供は被害者なのです。

続きを読む

昔よりも人付き合いが難しい今

今の時代は携帯電話やスマートフォン、パソコンなどで色々なヒトと連絡を取ることも可能で、直接ヒトと会って話さなくても何らかのツールでつながることが可能です。

そのため、人間関係は昔よりも簡単の様に思えますが、実際はその反対なのです。

学校という社会の中では、子供達同士のグループというのは昔からはありました。

続きを読む

海外ドラマから見る共働きができる環境とは

海外ドラマを見ていると、共働きの家庭が非常に多く、日本の様に専業主婦(主夫)をしている家庭はメイドを雇う程のリッチな人たちです。

共働き家庭でありながらも、子供もたくさんいる家庭が多く、ベビーシッターを雇うか自分が勤めている会社に子供を連れて行ってるヒトがほとんどです。

海外では、子供を自宅で1人で留守番はさせません。

続きを読む

日本では最終学歴が大事

日本での義務教育は、小学校の6年間と中学校の3年間あわせて9年間となっています。

高校、大学は義務教育には含まれませんが、就職をするのであれば最低でも高校までは卒業をする必要があります。

なぜなら、日本では『最終学歴』というものが存在しているからです。

続きを読む

小児性愛者の危険性が分かっていない日本の親

動画で収入を得るためには動画の再生回数が多くなくてはいけません。

YouTubeは世界中で色々な国の動画を見るコトができます。

アメリカに住んでいても日本でしているYouTube Liveを見るコトができれば、ロシアに住んでいても日本でアップロードされた動画を見るコトができます。

続きを読む