高齢化は良いことだったのか?悪いことだったのか?

第二次世界大戦で敗戦した日本は、戦後復興と遂げて高度経済成長を迎え発展途上国の1つとなりました。

戦後復興、高度経済成長の時に日本は、世界でいちばんの長寿国となることを目標として掲げて、医療などの様々な分野において技術を高度かつ進歩させてきました。

そのかいあって、今の日本は数少ない長寿国の1つとして有名になりましたが、それと同時に高齢化社会となってしまい深刻な問題が次から次へと生じている状態に陥っています。

続きを読む

お墓の世話、将来どうなるの?

定年退職者世代と若者世代で大きく考え方が分かれている物があります。

それは、お墓です。

最近の若者世代は、お墓の守人をしたいとは思わず、どちらかと言えば自分の両親世代で自分たちが先にはいるのだから、考えて欲しいと思っています。

そのため、自分の両親にハッキリと自分はお墓をみないからね、と前もって両親に伝える人も増えています。

続きを読む

親が生活保護を受けていたら子供はどうすべきなのか?

震災や天災、デフレスパイラルに陥っている日本社会にとって年々、増えているのが生活保護を受けている人たちです。

日本国憲法では、国民の最低限の生活保障が定められています。

そのため、病気やケガなど何らかの事情によって仕事に就けず、収入や年金がない国民の生活を国が守ろうとしています。

続きを読む