日本の福祉は無力でしかない?

夫からの暴力で悩んでいる、妻からの言葉の暴力に悩んでいる、学校のクラスメイトからいじめられている『誰か助けて…このままでは自殺するしかないかもしれない』そんな思いで毎日を過ごしているヒトはたくさんいます。

日本の場合、家庭内暴力は警察が介入するのも難しく、被害者が近所やお隣さんの目を気にしたり世間体を気にするがために誰にも助けを求めるコトができません。

続きを読む

国の対応が悪かったために広がった風評被害

2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災は、地震の被害以上に津波と放射線の被害が深刻でした。

東日本大震災で発生した津波によって、福島第一原子力発電所事故が起こり、チェルノブイリ原発事故以上の事故とも言われています。

そのため、被災者の一部は自宅にいつ戻れるのかも分からず、子供がいる家庭ではやむを得ず他県に移住して、子供も学校を転校しています。

続きを読む

自殺を考えている人には時間が残されていない

自殺を考えている人には時間がありません。

なぜなら自殺を本気で考えると言うのは、今スグ死ぬか…と考えているからです。

中には金銭の問題なので、コレがダメだったら自殺しかない、という人も少なからずともいますが、今スグ死ぬかと本気で考えている人と比べると、死への執着が全くと言って違います。

続きを読む

学校内のイジメに対して対処ができないのはなぜ?

イジメが原因で自ら命を絶つ子供の数が後を経ちません。

なぜイジメはなくならないのでしょうか。

そして、いじめた人間が自殺をしたのにも関わらず、イジメを実行していた人間には罪悪感を感じないのでしょうか?

そもそもイジメという行為は学校だけでなく社会に出てからも社内イジメと呼ばれる大人同士のイジメも多くあります。

続きを読む

消えないイジメ

イジメが原因で、子供が自殺をするというニュースを耳にするコトが増えています。

「イジメは悪いこと」「イジメは絶対にしてはいけない」と、ニュースなどの解説者やリポーターのインタビューに答えているヒトが口にする台詞ですが、イジメがなくならない理由を私たちは本当に考えているのでしょうか。

「イジメは悪いことだから、してはいけないよ」と言葉にすることはとても簡単です。

その言葉に真剣味は本当に詰まっているのでしょうか?

続きを読む