新しい人材を発掘できない可能性

新しい学部や新しい学校を建設することで、毎日ゴタゴタしています。

新しい学部や学校を建設することで、特定の国会議員や大臣、政治が関わっていたことで、何かと問題になっています。

少子化と言われている日本、地方や一部の地域では学校を維持できるだけの生徒数がいないため、廃校を迫られている学校も少なくありません。

続きを読む

人材が不足している介護サービス

高齢化社会として高齢者が増えている日本は、一方で子供が少ない少子化社会でもあります。

今現在の高齢者と呼ばれている世代の人たちは、戦後、高度経済成長の日本を作り上げたベビーブームの時代の人たちです。

ベビーブームにより学校などではマンモス校と呼ばれるような、1クラスに40名以上でクラス数が多い学校も珍しくありませんでした。

しかしその後の日本は子供の誕生数が減少しており、今では深刻な少子化社会となっています。

続きを読む