子供の育て方が将来の介護に還ってくる

しつけが悪い子供に対して「親の顔を見てみたい」という言葉を使うコトがあります。

子供の性格やしつけは、育った環境に大きく影響を受けると言われています。

子供が幼い頃にしつけが厳しかった家庭が多かったのではないでしょうか。

テストの結果が悪かったり成績表の結果があまり良くなかったり、また提出をしないといけない宿題を忘れてしまった時に罰として今日のおやつを取り上げたりしませんでしたか?

続きを読む

日本で子供の虐待が減らない理由とは

少子化が進んでいる日本で、子供に対する親からの暴力や言葉の暴力などの虐待は減るどころか増える一方にあります。

両親から虐待を受けている子供の年齢は幼いと2歳、3歳という誰にも救いを求めるコトができない年齢なのです。

子供への虐待の理由の多くは、母親の育児疲れ、再婚相手の愛情不足などが多いです。

続きを読む

イジメによる自殺は頼りがいがない大人が悪い

学校や部活動内でのイジメによる若者の自殺が後を絶ちません。

その背景の中には、イジメをしている側である加害者側の親にも責任があることが考えられます。

仮にあなたに子供がいた場合、あなたは自分の子供が自分の知らない所でクラスメートや他人をいじめていることが考えられますか?

続きを読む

海外ドラマから見る共働きができる環境とは

海外ドラマを見ていると、共働きの家庭が非常に多く、日本の様に専業主婦(主夫)をしている家庭はメイドを雇う程のリッチな人たちです。

共働き家庭でありながらも、子供もたくさんいる家庭が多く、ベビーシッターを雇うか自分が勤めている会社に子供を連れて行ってるヒトがほとんどです。

海外では、子供を自宅で1人で留守番はさせません。

続きを読む

小児性愛者の危険性が分かっていない日本の親

動画で収入を得るためには動画の再生回数が多くなくてはいけません。

YouTubeは世界中で色々な国の動画を見るコトができます。

アメリカに住んでいても日本でしているYouTube Liveを見るコトができれば、ロシアに住んでいても日本でアップロードされた動画を見るコトができます。

続きを読む

子供へのしつけと虐待の境界線があいまい

外出中にショッピングを楽しんでいたり、食事を楽しんでいたりしている場でマナーが悪い子供を見るコトがあると思います。

そんなマナーの悪い子供を見た時に『親は誰?』『子供のしつけくらいキチンとしてよ』『親の顔が見てみたい』『親は一体どんなしつけをしているの?』と言葉にはしなくても、胸の内でムッと来た感情を抑えこんだ経験はないでしょうか。

続きを読む

子供の自殺は学校が悪いのか?

クラスのイジメが原因で自殺した子供の親が、学校側に責任があるとして裁判を起こすニュースをよく見かけます。

しかし子供が自殺したのは、本当に学校側だけの問題なのでしょうか?

小学校のある程度の学年までは、科目に関係なく担任の先生が授業を行い、給食の時間も教室で生徒と一緒に食べるので生徒と過ごす時間が多いので、生徒1人1人を見る機会は多いです。

ところが、中学校になると授業の科目ごとに先生が変わり、昼食の時間も教室ではなく職員室で食べるので、生徒1人1人を見る時間は極端に少なくなります。

続きを読む

虐待としつけのライン引きが曖昧な日本

あなたは『子供への教育上のしつけ』と『子供への教育と言う名の虐待』を見抜くことができますか?

海外では、いかなる理由があっても子供に手をあげることは虐待という扱いになります。

子供がとても悪い言葉を口にしたからしつけとして叩いた場合でも、虐待と見なされ警察に通報されます。

また子供が警察に虐待で助けを求めるコトができます。

続きを読む