子供の自殺は学校が悪いのか?

クラスのイジメが原因で自殺した子供の親が、学校側に責任があるとして裁判を起こすニュースをよく見かけます。

しかし子供が自殺したのは、本当に学校側だけの問題なのでしょうか?

小学校のある程度の学年までは、科目に関係なく担任の先生が授業を行い、給食の時間も教室で生徒と一緒に食べるので生徒と過ごす時間が多いので、生徒1人1人を見る機会は多いです。

ところが、中学校になると授業の科目ごとに先生が変わり、昼食の時間も教室ではなく職員室で食べるので、生徒1人1人を見る時間は極端に少なくなります。

続きを読む

新しい人材を発掘できない可能性

新しい学部や新しい学校を建設することで、毎日ゴタゴタしています。

新しい学部や学校を建設することで、特定の国会議員や大臣、政治が関わっていたことで、何かと問題になっています。

少子化と言われている日本、地方や一部の地域では学校を維持できるだけの生徒数がいないため、廃校を迫られている学校も少なくありません。

続きを読む

自殺を考えている人には時間が残されていない

自殺を考えている人には時間がありません。

なぜなら自殺を本気で考えると言うのは、今スグ死ぬか…と考えているからです。

中には金銭の問題なので、コレがダメだったら自殺しかない、という人も少なからずともいますが、今スグ死ぬかと本気で考えている人と比べると、死への執着が全くと言って違います。

続きを読む

学校内のイジメに対して対処ができないのはなぜ?

イジメが原因で自ら命を絶つ子供の数が後を経ちません。

なぜイジメはなくならないのでしょうか。

そして、いじめた人間が自殺をしたのにも関わらず、イジメを実行していた人間には罪悪感を感じないのでしょうか?

そもそもイジメという行為は学校だけでなく社会に出てからも社内イジメと呼ばれる大人同士のイジメも多くあります。

続きを読む