待ち受けている2025年問題

2020年に2回目となる東京オリンピックが開催されるので、東京オリンピックに向けての準備が着々と進んでいる中、日本には大きな問題が5年後の2025年にやってきます。

それは、日本が本当の意味での高齢化社会になってしまうことです。

今現在、日本は少子高齢化で高齢者が医療の進歩、医療技術の発展のため長生きです。

70代なんてまだまだ若いと言われ始めているのが、日本です。

続きを読む

中国が抱えている一人っ子政策の代償

日本では子供が2人、3人、4人いたとしても誰も文句を言うことがなく、日本政府から何らかのペナルティがくるということはありません。

しかし、中国では財源負担を増やさないために子供は1人まで、2人以上の子供を出産した場合は、ペナルティとして罰金を支払わなければなりません。

裕福な家庭であれば、国に税金を払って2人目、3人目と子供がいる家庭がほとんどです。

続きを読む

人材が不足している介護サービス

高齢化社会として高齢者が増えている日本は、一方で子供が少ない少子化社会でもあります。

今現在の高齢者と呼ばれている世代の人たちは、戦後、高度経済成長の日本を作り上げたベビーブームの時代の人たちです。

ベビーブームにより学校などではマンモス校と呼ばれるような、1クラスに40名以上でクラス数が多い学校も珍しくありませんでした。

しかしその後の日本は子供の誕生数が減少しており、今では深刻な少子化社会となっています。

続きを読む