日本では何歳からがシニア?

日本でシニア、老人と呼ばれる人たちは年齢がいくつからなのでしょうか?

一昔前の日本では、定年退職が60歳と決められている企業がとても多く、定年退職をしたらシニアの仲間入りと思われていました。

ところが最近では定年退職が60歳から65歳に変わり、将来的には定年退職の年齢が70歳もしくは75歳になるのではないかと言われています。

続きを読む

信用できない日本の年金

日本の年金システムは海外からは評価が高いです。

しかし、日本国民からすれば年金の評価はとても低いです。

特に最近は、年金を払いたくないという働き世代が増加傾向にあります。

年金を払いたくないと言っても、会社員は給与から強制的に引き落としされてしまうので、払わざる負えません。

続きを読む

国民年金は詐欺にはならないのか?

年金について、日本国民はどう思っているのでしょうか?

日本の場合、年金は国民の3大義務のひとつとなっています。

そのため、会社勤めをしていて企業が社会保険に加入をしていれば、強制的に給料から厚生年金として毎月、ボーナス月に引き落としをされます。

勤めていても勤め先が社会保険に加入をしていなければ、個人で国民金に加入し健康保険も国民健康保険となります。

続きを読む

年金問題。今こそ見直すべきではないだろうか?

現在の日本社会は高齢化社会かつ少子化により、色々な打撃を受け始めている。

中でも問題視されているのが年金です。

高齢者は自分が働いていた時に約束されていた金額よりも減額されていて、年金を受給する年齢も60歳から65歳に変更されました。

60歳でもらえると思って働いてきたのに65歳に変更されてしまい、仕方なく65歳前より早い年齢で年金をもらうと65歳でもらえる金額よりも更に減額になってしまいます。

続きを読む