日本では最終学歴が大事

日本での義務教育は、小学校の6年間と中学校の3年間あわせて9年間となっています。

高校、大学は義務教育には含まれませんが、就職をするのであれば最低でも高校までは卒業をする必要があります。

なぜなら、日本では『最終学歴』というものが存在しているからです。

続きを読む

高校の授業を自分でまかなう高校生たち

日本は、義務教育で中学校までは必ず卒業しなくてはいけません。

高校からは義務教育にはなっていませんが、就職先で最終学歴で必要とされるのは高校卒業なので、ほとんどのヒトが高校までいきます。

義務教育は中学までとなっていますが、中卒の最終学歴は今の時代ではどこも採用してくれません。

しかし家計の状態で、高校の学費を払うことができない家庭が年々増加傾向にあります。

続きを読む

最終学歴で相続にもめる子供達

両親やパートナーが亡くなった後に必ずと言っていいほど、相続でトラブルとなり親子関係や兄弟(姉妹)関係が悪化する人が多いです。

亡くなった人にマイナスの財産がなく、プラスの財産のみがあるとなれば、相続権利があるパートナーや子供は少しでも多くの財産を相続したいと思うのは、人間の本質なのかもしれません。

少しでも自分が多く相続するためには、他の相続者の取り分を減らさなくてはいけません。

続きを読む