遺言書を巡る裁判、最高裁の判決に疑問あり?

日本では、遺産相続は法律で定められており、基本的には配偶者が2分の1、子供はその残りを人数分で割る様になっています。

しかし、遺言書などがあれば遺産相続は遺言書に従って配分されることになります。

その遺言書に対して意義がある場合は、地方裁判所に申し立てをして裁判を行います。

続きを読む