最終学歴で相続にもめる子供達

両親やパートナーが亡くなった後に必ずと言っていいほど、相続でトラブルとなり親子関係や兄弟(姉妹)関係が悪化する人が多いです。

亡くなった人にマイナスの財産がなく、プラスの財産のみがあるとなれば、相続権利があるパートナーや子供は少しでも多くの財産を相続したいと思うのは、人間の本質なのかもしれません。

少しでも自分が多く相続するためには、他の相続者の取り分を減らさなくてはいけません。

続きを読む

財産は誰のもの?

親が亡くなると、親が遺した遺産が出てきます。

借金などのマイナスの遺産であれば、遺産放棄を法的手続きでキチンと行なえば遺産を放棄したことになるので、マイナスの遺産を相続したことにはなりません。

しかし、親が遺した遺産がプラスの遺産で金額も高額になれが、相続できる人にとっては有り難い話しではあります。

続きを読む