大雨

避難を拒む高齢者たち

2018年7月上旬に発生した西日本豪雨で災害が少ない都道府県で有名な岡山県で大きな被害が起こりました。

岡山県のあちらこちらで大きな被害が出ていますが、死者が多かったのが岡山県倉敷市真備町でした。

岡山県倉敷市真備町の被害は堤防の決壊でした。この堤防が決壊してしまったために岡山県倉敷市真備町の半分が2階建ての一軒家の2階部分まで冠水してしまったのです。

続きを読む